MENU

消化器官が寝ているあいだに動いている、というのは体に良くなさそうだと思いませんか?体は寝ているあいだにも働いていますが、体と脳を休め、本来は傷んでいるところを修復するための時間です。諸説あるのでこれが絶対に的確、というものは食事の回数についてはありません。

 

いろいろとダイエット方法にはありますが、食事をする時間や食事の回数については考えたことがありますか?まず、食事をする時間についてですが、食べるのは夜遅くはダメ、と言いますよね。つまり、エネルギーを営々使うようなことはしない、ということです。

 

体が堅牢と消化に手間を取られていては、休まりませんから、たくさん寝る前に食べるのは良くありません。そうすれば軽おかずやスープだけで帰ってからは済ますことができるので、比較的太りにくいと言えます。

 

寝る3時間前には控え目に言っても食事を終えるようにしておきましょう。そんなに尚早時間にお仕事などの都合で食事ができない場合は、おにぎり1個でも仕事中に食べておくことをおすすめします。

 

これなら十分22時に寝るとしても時間があります。1日1食だとか、1日2食の方が最善、という説もあれば、中には1日5食というものもあります。

 

ですからたくさんのエネルギーを夜に摂取しても、エネルギーが余ってしまうことになり、体脂肪になりやすい、と言われています。夜というのは、お風呂に入ってあとは寝るだけ、ということが多端と思います。

 

理想としては、夕飯を19時ごろには済ませておくことです。食べ物を消化するのには実際には時間がかかるので、寝ているあいだに食べたものが即体脂肪になるというわけではありません。